部署移動はキャリアの掛け算

日常の中で感じた悩みと行動

チャンス:社内での部署移動

行動後の結果:0.1%の希少な人材

行動:今の部署で全力で働き100人中10番以内の人材になる。部署移動の話が出たら自分の過去のキャリアについて時間を投資した自覚を持ち、奢らず自分なりの付加価値を模索する。

背景:社内での部署移動はネガティブな印象を持たれがちだ。営業をしていたが人事に異動になった。など。しかし複数の部署経験がある人は、それだけで優位性を獲得できる。マルチなキャリアはその道だけしか知らない人よりも知識が広がる。100人中10人(10%)のスキルでも二つ合わされば1%。三つ合わされば0.1%の希少性を獲得できる。とはいえ100人中の10人に入ることは容易ではない。全力で努力する必要がある。境遇に恵まれず別部署に異動になってもその境遇は自分の希少性を高めるチャンスでしかない。社内であれば、極端に違う部署の方がキャリアに幅が生まれる。

コメント