協働と依存

日常

悩み:協働と依存は違う

行動:まずは、自分が与えることができるものを考える

解説:昨今よく協働を提唱する声が聞こえてきます。

コラボレーション=お互い協力しあって得意な分野を発揮し、より大きな成果を狙いに行くということかと思います。

しかし、ほとんどの場合は、協働を名目に依存しています。

提供できるものがないのに、ただ人に頼むだけ。こちらから頼めるようなスキルもないため、一方的な関係になります。

しかし、提供できるものがない人は、徐々に居場所をなくしていきます。これはあの人に聞こう。

あれはこの人に聞こうと、知識のつなぎ合わせをするのみであれば、その人自体がいる意味はない。

徐々に協働が望めない人の依頼には消極的になります。

100ギブ1テイク 100与えて1もらうくらいの関係性でなければ協働とは言えませんね。

まずは組織に足りない部分を俯瞰で考えて、その部分について自分が穴埋めをするスキルを身につける。

その部分についてであれば人に与えられるほどの力を身につける。そして提供する。

まずは主体的に自分がやるべきことを考える。そして提供する必要があります。

何も努力も勉強もせずに、ただ人の知識と技術を借りるだけでは、依存状態です。

徐々にその人の言うことは聞きたくなくなり、人が離れていきますね。

コメント