チームメンバーへの仕事の振り方

日常

悩み:仕事を任せるときにどこまで用意すればいいのか
   目的だけで任せてしまっては、狙い通りの仕上がりが期待できない。

行動:まずテスト。次にトレーニング、最後に依頼

解説:1~10まで準備して手渡すのであれば手間がかかりすぎる上に、プラスアルファの付加価値を期待できない。
   発注者としてはどこまで自分の仕事を簡略化できるかを考える。
   
   応用
    新しい仕事を受ける際に、それを依頼できる人を合わせて考える。
    成果は自分のものとし、リソースは自分が負担しない。

間違った依頼方法
とりあえずやっておいて。で依頼する

自分の目的:人を使って仕事し成果を最大化する。

①まず受注者側の力量が備わっているかをテストする。
 依頼する側の力量が備わっていない状態では、正しい仕事の依頼が成立しない。

②出来上がりと納期を伝える。
 いつまでのどの状態にして欲しいかを伝える。

パターン①(通常のパターン)
 力量がない人に細かい指示をする
  メリット:狙いの品質のものが作られる
       細かく指示するため、狙いの品質が保証される
  デメリット:発注者の負担増

パターン②(最も理想的な状況)
 力量がある人に適当な依頼をする
  メリット:依頼が簡単
       狙いの品質またはそれ以上のものが作られる。
       細かく指示しすぎないために、付加価値を生み出す可能性がある
  デメリット:なし(受注者の負担増)

パターン③(陥りがちな罠)
 力量がある人に細かい指示をする
  メリット:ない(受注者が楽)
  デメリット:力量がある人が楽になる分、発注者の負担が増
        付加価値のある成果が得られない

パターン④(最悪のパターン)
 力量がない人に適当な依頼をする
  メリット:なし
  デメリット:狙いのものが作られない。狙いの納期で作られない

発注者として気にすべきポイント
 どれだけ発注者の負担を軽減できるか
 どれだけ高い品質のものが出来上がるか。作業者が付加価値を生み出せる場合はなお良い

必要なプロセス
 力量のテスト。力量を有した人の育成。によってパターン①からパターン②へ移行する。
 力量のテストをしない場合は、パターン③に陥る可能性があるので注意が必要
 
必要になる力量
 作業を行う技術
 ゴールの共有
 付加価値を考慮する目的意識
 納期を厳守する意識
 
重要なポイント
優れたリーダーにはビジョンとプランが必要

コメント