ストレスの収支を見直す

日常

悩み:蓄積するストレスが解消しなくて精神的に辛くなってくる
行動:ストレスの収支を見直す
解説:金銭的な収支を考えるように、ストレスについても収支を考えてみる
   日常的なストレスは解消のバランスが崩れていると負債として蓄積することとなる
   効果的な解消法を見つけ日常の中に取り入れていく必要がある
   例えば、筋トレ、音楽、ゲーム、買い物、飲食、料理などの趣味
       ビジネス書を読んで精神的に前向きになるなどの方法
       瞑想や座禅などの心をクリアにすることによる方法
       焚き火や自然を見るなどの精神的にオフを設けることによる方法
       仕事の中でのストレスの解消法としては、課した仕事を処理していくTODOの達成などもある

       自分に合った方法を日常の中に取り入れてストレスの収支をコントロールする必要がある

   また、このストレスを溜める行為は浪費か消費か投資かを考えることも重要

   ストレスの浪費:目的のない嫌な思いにイライラしてしまい、安易な方法で解消し、またストレスを溜める。
           獲得したストレス耐性はさらなるストレスを呼び込むことにしかならない
           例:自分の思い込みによって発生した悩みによって自分を追い込んでいくストレス。俯瞰で捉えた際はストレスと感じられないもの
           たっぷりの睡眠時間を確保し、落ち着いたころに、自分のストレスの根本原因を深掘りし最初に備えることが必要

   ストレスの消費:生活する上で避けられないストレスの溜まり方。
           日常生活を送る上で将来的に避けれれない。
           例:上司と部下のコミュニケーションにおけるストレス。中間管理職としてのストレス。
           日常の中で避けられないもののため、前述のストレス解消法を用いて上手に付き合っていく必要がある
           いっそのこと環境を変える。と言う手もあるが、環境を変える前に、どのような環境であれば再発しないかをよく考える必要がある。
           例えばサラリーマンである以上上司部下の関係はなくならないため、自営業やフリーランスに変えるなどの方法を取り必要がある

   ストレスの投資:将来に向けて必要となるストレスの溜まり方。
           このストレスを溜めることで将来の成長につながる。と言う類のもの
           目的達成までの期間我慢し、目標達成によってストレスを解消する
           例:未経験のことを不安感。勉強やトレーニングにおける継続するための精神的ストレス
           積極的に受け入れていくべきストレス。

コメント